Geo・Photo Chanpuru -瞬間切り撮り記-

発色

劇薬の話の続き。

まずRAWで撮りピクチャースタイル(以下、PS)を忠実設定にして発色を補正せず現像した写真。

千里山キャンパス in Autumn

続けて、PSをRVP100風にして発色を補正せず現像した写真。

千里山キャンパス in Autumn RVP100

そして、PSをRVP50風にして発色を補正せず現像した写真。

千里山キャンパス in Autumn RVP50

3枚を見比べ頂いていかがでしょうか?

当方はRAWで編集することを前提としてPSは忠実設定で撮り、後で風景、鉄道、建物、人などによってPSを使い分ける。

この写真では、木々の色に焦点を当てRVP100風やRVP50風のPSをインターネット上でダウンロードして現像した。

後者の2点では空の青色の鮮やかさが際立ち、桜の木の葉がより赤みを増し、緑色の葉は新緑時の色に近づいた。

現像しながら改めて思った。

『リバーサルフィルムの発色にかなり近づいた』と。

2015年10月 大阪府吹田市にて 3枚とも EOS6D EF24-105mm F4L IS USM
スポンサーサイト
  1. 2015/10/25(日) 18:57:55|
  2. Four seasons
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

劇薬!?

先日、キャノンのショールームに行った時のこと。

6Dの画素数には、それなり満足してるものの、発色、立体感には、まだまだ物足りなさがあった。

ショールームのスタッフに、その旨を伝えると発色、立体感をハッキリさせるピクチャースタイル(以下、PS)があるとのこと。

しかも、『そのPSをご自宅のパソコンにもデジ本体にも入れることができます』と!

そんなわけで早速試してみた。

IMG_5775.jpg

この写真はRAWで撮影し、PSを忠実設定にして現像したもの。

EF58-150.jpg

そして、PSを『CLEAR』にして、現像したもの。

いかがでしょうか? 発色、立体感が共にフィルムに近づいた感じに。

青いボディは艶がかかり、暗いところは、より暗くなりリバーサルフィルムを使用した様な雰囲気になった。

発色のコントロールは使いこなすのに時間が要しそうだが、使いこなせたら面白くなりそう。

当方にとって『CLEAR』の発色は劇薬となりデジの発色を見直すと共に、銀塩カメラの引退が、また一歩近づいた。

ちなみに、個人の方がVELVIA50、VELVIA100とVELVIA100Fの発色に近づけたPSを作成されインターネット上で公開しダウンロードし、使用してみた。

これらも良い発色であった。

これらの色のレポートは後日改めて掲載予定。。。

Canon梅田のショールームのスタッフさん、もし拙ブログを見ておられましたら、拡張子設定で新たなピクチャースタイルの存在、使い方を教えて頂きありがとうございました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

2015年3月 大阪市淀川区にて 2枚とも EOS6D APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ※トリミング有 ※再掲
  1. 2015/10/23(金) 21:04:42|
  2. Railway
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落西Ⅰ

竹林を抜けて常寂光時へ続く道。

パッと見て絵になりそうな風景。

本当は水鏡も狙っていたが風が強くなり始めたので断念。

でも、この風景も彩りが鮮やか。

竹薮から常寂光寺にかけて

2014年11月 京都市右京区にて EOS6D EF24-105mm F4L IS USM
  1. 2015/10/21(水) 20:44:36|
  2. Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『彩り紅葉』

渡月橋を渡った後、何かないかな~とちょこちょこと歩いた。

すると、彩りある木々を発見。

紅葉を撮影し始めて10分程で、満足(苦笑)

渡月橋の紅葉

2014年11月 京都市右京区にて EOS6D EF24-105mm F4L IS USM 
  1. 2015/10/18(日) 19:56:17|
  2. Four seasons
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かやぶき屋根

陽も短くなり、大阪界隈も葉も色づきが見られ始めた。

陽が当たりにくい場所から色づくことが多く、山の中などが見頃が早く迎える。

京都市内は、山々に囲まれている場所も多く11月中旬から下旬にかけてピークに。

写真はかやぶき屋根と紅葉を入れて撮った一枚を。

宝厳院の紅葉 2014年

2014年11月 京都市右京区にて EOS6D EF24-105mm F4L IS USM ZETA EX C-PL使用
  1. 2015/10/16(金) 20:49:09|
  2. Kyoto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早くも

先月末、知人を高野山へ連れて行った。

もちろん、高野山の風景を満喫するために行ったのだが、早くも色づいた葉を見つけた。

まさか9月に、しかも近畿で紅い葉を見るとは想像もしていなかったので、少しサプライズとなった。

蛇腹道

2015年9月 和歌山県伊都郡高野町にて EOS6D EF24-105mm F4L IS USM
  1. 2015/10/10(土) 21:42:21|
  2. Four seasons
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山陽本線Ⅵ

名所『瀬野八』を行くEF65。

ここを上りの貨物列車が通過する時、機関車の力だけでは登れないため最後尾にもう一台機関車が付く。

しかし、ご覧の写真では標準レンズで撮ったため『補機』が切れてしまった。

真夏に撮った写真なので周りは緑色がたくさん。

今はEF65の定期貨物は無く、主力はJR型の機関車となっている。

瀬野八

2010年7月 広島県安芸区にて PENTAX67 105mm F2.4 RVP50+1 MC UV使用
  1. 2015/10/04(日) 20:27:43|
  2. Railway
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山陽本線Ⅴ

吉井川を渡り岡山市へ入る茶色い機関車。

EF65の中でも異彩を放っていた。

この時は紅葉が、めちゃくちゃ綺麗だったのでRVP100を使った。

その影響か?茶色い機関車が、よりチョコレートみたいな色になってしまった(苦笑)

EF65 57

2009年11月 岡山市東区にて PENTAX67 150mm F2.8 RVP100+1 MC UV使用
  1. 2015/10/01(木) 00:00:00|
  2. Railway
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kuni

Author:kuni
Wellcome

 これまで撮った地理的?な写真を気ままに綴ったblogです。つまり、Geo・Photoは、それぞれgraphyを付けて訳すと地理・写真という意味になります。昔は鉄道の写真ばかり撮ってましたが撮りたい被写体が激減し、最近はあらゆるジャンルに挑戦中です。拙い写真ばかりですがご覧下さい。。。
 掲載してる写真はファイルの容量の関係でサイズを縮小しています。

-撮影機材-
EOS 6D
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-300mm F4-5.6L IS USM

HUSKY3段
HUSKY自由雲台+Velbon UT63Q

-使用フィルター-
ZETA EX C-PL

-著作権に関して-
ブログでの画像・文章などの著作権は管理者にあります。無断使用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Kyoto (79)
Four seasons (36)
Bulb (29)
Railway (174)
Variety snaps (71)
Materials (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR